Return to site

つまり、愛されたい、認められたい一心だったんだ。たったそれだけ。

私気づいたよ!!

腑に落ちたよ!!

ハラで理解したよ!!

看護師である自分を手放しても良い時が来たって思った。

なんで看護師になったのか?

→人を助ける為に、人を支えられる人になりたくて、看護師になった。

なんで人を助けたり、支えたいと思ったのか?

私は良い人になりたかった。

私はお母さんにあなたは優しくないって言われたから、優しいねって言われたかった。

誰かを支えることで、生きてる実感があった。私の存在意義はそこだって。これが私の強みだ。

親身になって話しを聞いてくれる、優しくて良い人。

ある意味、生きていく為のセルフブランディング。私ってそういう人!そういう人でいれば、きっと認められ愛される。

看護師という世間一般でも認められやすい、良い評価を受けやすいこの職業は、当時の私が求めるもの全てが含まれた 便利な職業 だったんだ。

その選択肢があったから、当時の私は救われたんだ。

だから目指した。看護学生になり、実際興味は湧いたし、楽しいと思った。

会社に就職する自分は想像出来なかったけど、病院で白衣を着て、患者さんのお世話をする自分は想像出来た。

愛して欲しい、認められたいっていう思いはなぜ生まれたのか?

→親からの愛情は感じていたけど、大切に育ててもらったとは思うけど、そのままの自分を肯定する力がなかった。

自分に自信が持てた部分って、良い子であることだった。4歳で妹が生まれ、割と面倒も見れたししっかりした子どもだった。

物分りが良くて、大人しくて、親を困らせない、良い子でいること。

それは出来た。私にとって簡単で得意なことだった。だからやってた。

そしたらあなたは育てやすい子だって言われた。嬉しかった。

お母さんにとって、私は育てやすい子。妹は育てにくい子。私の方が勝っている。

大丈夫、勝ってる。安心したかった。

愛されたい、認められたい、本当は、ちょっとひねくれていたって、大人びていて生意気でいたって、少し冷たくたって、

それでもあなたはお母さんにとって特別で、自慢の最高の子どもだって言われたかった。

つまり、愛されたい、認められたい一心だったんだ。たったそれだけ。

でもそれだけのことが当時の私にとってどれだけ大切で、どれだけ欲しい言葉だったか。

良い子でいる、良い人でいることは、私が私を認め、存在していいと感じる為の唯一の方法だったんだ。

自分を守るための策だったんだ。

そうやって生きてきたんだよ。

頑張ったんだよ、苦手でも、一生懸命、諦めずに。

もう、手放してもいいよ。

何故なら

私は看護師じゃなくたって愛される。

看護師でいたって愛される。

冷たくたって愛される。

優しくても愛される。

ひねくれていたって愛される。

素直だって愛される。

稼げなくても愛される。

稼いでも愛される。

誰かに寄り添うことをしなくても、愛される。

誰かに寄り添っても愛される。

自由でいても愛される。

縛られていても愛される。

本音を言っても愛される。

弱音を吐いても愛される。

頑張らなくても愛される。

頑張っても愛される。

だからもう、自分を守るために看護師でいなくたっていい。

守らなくていい。

守れなくていい。

やりたくないと思っていい。

患者さんに寄り添わなくていい。

患者さんに寄り添ってもいい。

目の前の人に親身になれなくていい。

目の前の人に親身になってもいい。

私が看護師になった目的は達成された。それは、その道を極めるわけでも、仕事ができるようになることでも、管理職になることでも、キャリアアップでもなく。

そのままの私で大丈夫なんだって思い出すこと、気づくこと。

目的に気づけたから、もう達成。

全部走馬灯のようにバーっと記憶が巡った。

これまでの経験は全部、この気づきのためにあったんだー。

あの時嫌な先輩に出会ったのは、私がこのままずっと同じ世界で生きていくことに疑問を持つことで、世界を広げたいっていう動機を持つため。

子どもが好きで仕事でも関わったのは、今ここを全力で生きる事の意味を体感として、私に気づかせるため。

海外に行ったのは、異国の地で看護師という自分を守っていたアイデンティティなしでも沢山の縁と愛に恵まれる、受け取れるという経験を私にさせるため。自分にとっての心地よさって何なのかを感じさせるため。

大切なのは職業ではなく、自分の在り方や生き方なんだと気づかせるため。

海外で3組もの素敵な家族と不思議な縁がつながったのは、少し先の自分の未来を広い視野で想像させるため。

他にもいろいろあったけど、しがらみから解き放たれて人生を歩み始めた時にクリアになる感覚、現実が動く感覚を私に味わわせるため。

よもぎ蒸しや、ハーブ、アロマに惹かれたのは、五感に働きかけ今ここ、自分を意識することの大切さを思い出すため。

、、、、まだまだまだまだあるけど、これまでワクワクしたもの、興味を持ったもの、好きになったもの、悩み、喜びは全部、

未来の私から流れて来たヒントだった!!

全部私の中にあって、だからそれを思い出して!!

っていう魂からの導き。

突然どかんと腑に落ちる感覚が来たの。

そしたら目の前がパーっと明るくなった。

エナジーの様子を見てみたら

そう!!そう!!

そうだよー!!

わーい!!わーい!!

愛してるー❤️

愛してるー❤️

愛してるー❤️×100

って言いながら、私の周りで踊り狂ってた。笑笑

そしたら涙が止まらず、家に帰ってきて、ふと見返そうと思って家族や友達からの手紙やメッセージを読み返してた。

そしたらぐわわわーって喜びがこみ上げて、涙がまた止まらなくなった。

どうしてこんなに仕事のことで葛藤するんだろうって思ったの。

どうしてこんなに引っかかるんだろうって。

だって、そこそこ充実してて安定してて良い人達に恵まれて、それでもここに居ることに疑問を持ってしまうこと。

多分、私は他にやることがあって、違う世界に飛び出さないといけないの。

でも、このままでは飛び出せなくて、でも早めに飛び出す必要があるんだと思う。だからこの1ヶ月で、看護師という私にとって大切でもあり足枷にもなっているものを手放していく必要があるから、ここで気づかせてくれたんだと思うの。

自分の中ではそこまで重要視してなかったというか、当たり前すぎて気づけなかった深いところにあった傷が癒されたような気持ちになったよ!!

それは宇宙からのメッセージなのか、魂からの導きなのか、未来の自分からのヒントなのか、よく分からないけど、そんな感じ!!

魂だけでいた頃は、未来も過去もない世界を生きてるんだけど、それは人間として生まれたら忘れちゃう。けどみんな忘れてるだけ、本当は知ってて、思い出すだけでいいの。

でも殆どの人は思い出せず、気づかず、知らずに終わっちゃう。

それを思い出せる人は宇宙人なの!!←ヤバイ人みたいな発言。笑笑

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly